プロジェクト型の学び(PBL)において必要となる「協働」と「主体性」の
土台を育む高校生向けSELプログラム/カリキュラムと教員研修の提供。
理念である1/1教育を掲げて、3年で全37キャンパスに
「1人称、2人称、3人称のプロジェクト学習」を実現する。

背 景

「1/1教育」を理念に掲げて、全国主要都市を中心に37キャンパス(2020年10月時点)展開する通信制の高校である、第一学院高等学校さまから、「プロジェクト学習を3年かけて全キャンパス浸透したい」と助力のご依頼を頂きました。
 課題としては、これまで教科学習のティーチングを中心としてきていたので、「答えを与えるのではなく、信じて見守る」という(1)指導型から伴走型への意識面の転換を初めとして、自己認識や他者共感といった(2)先生の社会情動スキルの習得、主体的・対話的な学びに即した(3)教室の雰囲気・環境づくりといった3つあり、それらの変化をやらなければならない押し付けではなく自分事として推進してもらう必要がありました。
 実施内容としては、先生向けの「SELをつかみ、自分自身や生徒との接し方を見つめなおす」SEL研修、生徒向けの「SEL×PBLを1人称、2人称、3人称の順に学んでいく」プログラムカリキュラムの雛形設計、先生方が、各自の現場に合わせて工夫し、先生同士で知恵を共有できる様なラーニングコミュニティ作りを行っています。
 プロセスの最中ではありますが、最初にSEL研修を受講して下さったキャンパス長が自主的に他のキャンパスにSEL×PBLの重要性を説きに奔走してくださったり、生徒も自分の興味に基づいた学習プロジェクトを始めたりなど、主体的・対話的な学びの芽吹きが見えてきています。

rokuyouのアクション

  • コンサルティング:現状とニーズを明らかにし、的確な目標とマイルストーンの設定
  • PBL/SELを理解、体現するための研修の設計と実施
  • 教員向けPBLガイドラインの作成・配布
  • 年間のカリキュラム設計のサポート
  • (スポット)生徒向けワークショップの実施(教員研修も兼ねる)
  • そのほか必要な学校の年間イベントの設計(教員成果発表会、マイプロアワードなど)

プロジェクト詳細

期 間 3年間
予 算 300万円〜/年間
インパクト 全国37キャンパス/生徒7,000名が受ける PBL/SEL のカリキュラムの作成
関わった人数 ①rokuyou:2名、 ②先方プロジェクトチーム:7〜8名程度、 ③研修を受けた先生の数:120名程度

プロジェクトに関わったメンバー

お客様の声

竹下淳司様 (株)ウィザス取締役 第一学院高等学校副理事長

竹下 淳司 様

  • (株)ウィザス取締役
  • 第一学院高等学校副理事長

通信制の第一学院高校では様々な背景を持つ生徒に独自の意欲喚起教育(プラスサイクル指導)を通じた「成長実感型教育」を展開しております。 年々多様なニーズの生徒が増え、従来型の教科指導だけでは限界もあり、未来社会に生きる生徒達に今後必要になる非認知スキル・ソフトスキル養成を軸に3年前から通学コースを生徒の主体的な学びに切り替える方向性を打ち出しました。
ICTによる生徒1人ひとりのニーズに応じた個別最適化・自立型学習と1人ひとりが仲間たちとの共創による学びの「プロジェクト型学習(PBL)」の2つの学習形態を軸に転換を図っております。
ご縁で roku you様から PBLのより効果性を高めるためにSELの概念をご紹介いただき、SELによる学びが多様性を持つ生徒の成長段階に応じた1人称・2人称・3人称と表される自分自身の課題の向き合いから社会課題まで視野を段階的に拡げていくステップになり、第一学院の「成長実感型教育」との親和性も高く、多くの生徒達の成長度を加速することに繋がっています。
また、roku you様とのプロジェクトにより多くの教員のグロースマインドセットにも繋がり、新たな第一学院の教育構築に貢献いただき感謝しております。

プロジェクト関係者からの一言

町塚 俊介

町塚 俊介

  • rokuyou ラーニングクリエイター
  • rokuyou academia ディレクター

多種多様なバックグラウンドや、背景をお持ちの先生方がいらっしゃる中で、1つの世界観を全国37校に浸透させてく事は、簡単な事ではありません。
変化への意思と、お互いを支え合う信頼関係が不可欠です。
このプロジェクトに取り組ませて頂いている中で一番有難い事は、竹下さんを初めとして、チームで変革を進める事が出来ること。また、その仲間が時間を重ねる度に増えていく事です。1/1の教育を大切にされている第一学園だからこそのプロジェクト学習の姿が、全国の教育現場から現れるその日を楽しみにしております!

その他の事例