自分と社会(地域)を繋ぐことで「主体性」「課題解決力」「行動力」を養成する取り組みを実現。

背 景

2020年度の学習指導要領の改定で、「主体的で対話的で深い学び」を実現するアプローチの転換が行われ、また2022年度には高等学校の「総合的な学習の時間」が「総合的な探究の時間」に変更されます。教科や科目の枠組みを飛び越えるだけでなく、一人一人のワクワク、つまり興味関心をベースにした探究に学びがシフトします。
宜野湾高校では、全体よりも先立ってこの転換に着手し、一人ひとりの興味関心をテーマに扱うことで主体性を持ったプロジェクトを企画し、アクションを行う中で地域と繋がりながらより深く学ぶ「マイプロジェクト」の実践を通した総合的探究の時間を2020年度から実施し始めました。カリキュラム・授業の設計だけでなく、先生方の巻き込み、また地域のアントレプレナーと生徒を繋げるなど、より学校での学びを社会に開く仕組みづくりもコーディネートしています。

琉球新聞に掲載されました

rokuyouのアクション

  • 「総合的な探究の時間」年間カリキュラム設計のサポート
  • 担当教員へのヒアリング、生徒像に合わせた具体的授業内容の作成
  • 2学年 × 5クラスへの授業実施(授業全体の導入、マイプロジェクトの説明等)
  • 企業や地域の方々に授業参画して頂くためのコーディネート
  • 生徒のプロジェクトへの併走

プロジェクト詳細

期 間 2020年7月〜2021年2月(※進行中)
予 算 100万〜(自治体、学校の予算、また伴走内容によって変動あり)
インパクト 2学年 × 5クラス(約400名)が受けるPBL、地域社会への貢献、SDGsへ取り組む
関わった人数 ①rokuyou、 ②先方プロジェクトチーム、 ③研修を受けた方

プロジェクトに関わったメンバー

お客様の声

與座 秀哲 先生

  • 沖縄県立宜野湾高等学校 総合的な探究の時間 担当

本校は2020年「総合的な探究の時間」実施に向け準備に取り組んできました。
岩手県立大船渡高校「大船渡学」視察も行い、取り組む方向性【PBL×自分の興味関心×地域×SDGs】目指す方向性【マインドセット、自走する生徒】は決まったものの、コーディネーターの必要性や外部リソース活用を模索していました。
そこで出会ったのがrokuyou下向さんです。快く本校「総探」に伴走して頂き、1,2学年12クラス480名を同時に動かし対峙する、未知で壮大なプロジェクトに取り組んでいます。PBLプロデュースを得意とするroku youですが、480名の異学年の生徒、学校という組織に苦戦しながら、様々なトライ&エラーを繰り返すなか、常にポジティブなアップデートを考えて丁寧に寄り添ってプログラムを進めております。
少しずつですが、生徒のマインドに変化が出てきており、なかにはマインドセットし、自走する生徒も出てきました。
また、PBLに不慣れな職員のマインドも徐々に変わりつつあります。
これからも本校とrokuyouのチャレンジは続きますが、エラーさえ楽しむような空気感で、生徒の可能性を信じ、生徒の中から湧き上がる可能性を磨いてあげられるように、これからのrokuyou×宜野湾高校のプロジェクトが楽しみであります。

その他の事例