居住者の主体性が育まれる学びの場の創出する。

背 景

従来の「学校」の形を超えた新たな教育を提唱しているHLABさまから、2020年12月に開校するレジデンシャル・カレッジ(移住型教育施設)に向けてのプロトタイプとして、レジデンシャル・ラボでのプログラム開発・設計のご依頼を頂きました。
「多様性豊かな高校生・大学生・若手社会人が寝食を共にする中でお互いに学び合う」場のプログラムを、住民の皆さまと共につくっています。
実施内容としては、居住者に向けた「自分自身や他者と繋がる」オリエンテーション、「個々人の探求心を深める」マイプロジェクトなど、居住者間のコミュニティ醸成やpeer to peerの学び合いを促す仕組みづくりを行っています。
2020年4月にスタートしたばかりのプロジェクトですが、プログラムを通して住民1人ひとりが自分らしく生活しながら、お互いに学びを深めている様子が見られています。

rokuyouのアクション

  • コンサルティング:現状とニーズを明らかにし、的確な目標とマイルストーンの設定
  • オリエンテーションの設計・実施
  • 教育プログラム(マイプロジェクト)の設計・実施
  • 年間プログラム開発・設計のサポート
  • (スポット)ワークショップの実施

プロジェクト詳細

期 間 1年
予 算 年間150万円
インパクト 研修を受けた住民の数:50名程度
関わった人数 ①roku you:2名、 ②先方プロジェクトチーム:3〜4名

プロジェクトに関わったメンバー

お客様の声

高田 修太 様

  • HLAB,Inc. COO

居住型教育施設での研修づくりを中心として、日本中の学生寮に教育的付加価値を共に創り出すパートナーとして尽力していただいています。現場での経験に裏打ちされたファシリテーションや研修で、学生の状況の機微を読み取ってくださり、丁寧なコミュニケーションをとる姿は、弊社スタッフや学生にとっても非常に良いロールモデルです!

プロジェクトに関わって

古屋 七美

古屋 七美

  • rokuyou ラーニングクリエイター

日々の共同生活から学び合うというのはとても繊細で、それだけにコミュニティ醸成や教育プログラムの設計・実施も丁寧に取り組んでいます。オリエンテーションやマイプロジェクトを行ったからといって目に見える変化がすぐに現われるわけではありませんが、生活の中で一人ひとりの ”らしさ” がじわじわと滲み出てきている様子がみられとても嬉しいです。
これからも学び合うコミュニティを共につくっていきましょう!

その他の事例