生徒の主体性を引き出すファシリテーションを学ぶ教員むけて、SELの理解を深めるための動画教材およびプログラムの提供。

背 景

経済産業省が実施する平成 31 年度「未来の教室事業」に採択された活育教育財団さまが実施する、PBL型(課題解決型学習)の授業のファシリテーションのノウハウや、生徒が主体的に考えて積極的に行動できるようになる理論やスキルが学ぶこと「ファシリテータースキル研修」の中で使用する教材の開発。SEL、特に心理的安全性を構築の仕方、またトラウマを抱えた生徒への対応など感情・情動を扱う上でのポイントなど解説した動画教材の開発および研修を実施しました。
これまでに、この他にも活育教育財団さまとは、海外のセルフアウェアネスを高めることをベースにした中高生向けリーダーシッププログラム/教材の翻訳監修のプロジェクトなどでもご一緒させていただいております。

rokuyouのアクション

  • 教員向けSEL教材の既存コンテンツ(動画および資料)のローカライズ
  • 研修の一部を現地でファシリテーション
  • トラウマを抱える生徒に向けた対応での留意点をまとめた教材の開発

プロジェクト詳細

期 間 2019年12月〜2月(3ヶ月)
予 算 60万程度(対象人数によって前後あり)
関わった人数 ①rokuyou 1名、 ②活育教育財団 2名
参加者 50名程度

プロジェクトに関わったメンバー

プロジェクトに関わって

下向 依梨

下向 依梨

  • 株式会社roku you 代表取締役
  • 一般社団法人 日本SEL推進協会 代表理事

これまでrokuyou単独でSELの研修を実施することが多かったので、大きな研修の中に組み込んでいただくということへの喜びと、同時に研修全体像の中での立ち位置また他のコンテンツとの接続というところでは、非常にやりがいを感じるチャレンジでした。
プロジェクト型学習を行なっていく上で、SELや生徒の感情・情緒面での背景を理解しケアすることが重要であること、またこれが当たり前になっていくことの兆しを感じさせていただいた、貴重な機会でした。

その他の事例